読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はフットサル!ということで、フットサルについて書いていこうと思う。

こんばんは。

仕事も終えて、夕食も済ませてあとはフットサルをして今日の一日は終了!

 

フットサル行く時間までブログを更新。フットサルについて書いていきます。

フットサルは自分自身がサッカーをやってきたこともあり、プレーへの影響は何もありませんでした。

大学生のときはフットサル施設でのアルバイト経験もあり、結局はそこのフットサル場のマネージャーに就職するというほどフットサル好きになりました。大学ではスポーツ経営を学んでいたので、まさにもってこいの仕事でしたね。

もともと接客が好きというのもありますが。

 

初めてフットサルをする人のレベルは様々です。

個人フットサルという個人でも参加できるフットサルのクリニックがあり、当時はフットサル市場が伸びていく時期でしたので、参加者がキャンセル待ちになるほど多かったのを今でも覚えています。

個人できてもすぐに溶け込み、初めての人でも気軽に参加できる楽しさがあり、参加者同士で仲良くなりコミュニティーが出来たりと、フットサルやお客さんを通じて人脈がたくさんできました。

今でも当時参加していたお客さんとは食事にいったり、フットサル大会で会ったり、どこかしらフットサルの会場に行けば必ず誰かに会います。

フットサル施設で働いていてよかったなと思える瞬間ですね。

 

さて、フットサルというとみなさんはサッカーの小さいバージョン?と思うかもしれませんが全然違います。

ボールを蹴る、キーパーがいる、ハンドがある、ファールがあるという点では一緒ですが後はほとんど違います。

根本的に人数です。サッカーは11人対11人ですが、フットサルは5対5。コートサイズもフットサルはサッカーのペナルティーエリアぐらいと思ってください。

あんな狭いエリアで動くんですよ。

あとはサッカーはオフサイドがあり、交代も3人、アディショナルタイムがありますよね。フットサルはオフサイドもなければ、交代も自由です。もちろんアディショナルタイムもありません。

公式な世界大会や日本でのフットサル全国リーグのFリーグでは20分のプレイングといって、ボールがピッチ内から出たら一旦タイムが止まります。

20分からスタートして、ボールが出たら一旦タイムが止まる、ピッチ内にボールがありプレーしていたらカウントする。の繰り返しです。

 

あとは交代が自由といいましたが、ベンチに入れるメンバーは12名です。

5人ピッチにいるわけですから、交代は7人ですね。

 

ゴールのサイズはハンドボールのゴールと同じで、横3mの縦が2mです。

あんな狭いゴールでシュートして入るのか?と疑問に思う方いるかもしれませんが、実はフットサルはサッカーより得点が入るスポーツです。

とにかくコートが狭いので、攻撃・守備の目まぐるしい展開がずっと行われているんですよ。

少しでも目を離したら、あれ、ゴールが入ったというシーンが何度もありますよ。

 

フットサルは10年前からサッカーのJリーグと同じ全国リーグがあります。

それがFリーグです。

Fリーグが誕生する前から日本にはフットサルの文化がありましたが、まだまだ今のような状況ではありませんでした。

しかしFリーグが誕生してからは、民間のフットサル施設が増え始め、コートのレンタルや個人フットサル、フットサルの大会など全国各地で広まっていきました。

さらにハロプロのフットサルチーム「ガッタス」までも誕生し、女子フットサルの旋風を巻き起こし、さらには「フットサル」の認知度を一気に押し上げた時期もありました。

 

全国規模のフットサルは競技系チームの誕生も増して、全国各地で社会人リーグが誕生しFリーグへの階段が出来上がりました。

ただ、やはりフットサルというチームでFリーグに参戦するというのは経営面からすると厳しいのが現状です。一番は資金面です。唯一のプロフットサルチームは名古屋オーシャンズというこれまでリーグ9連覇を達成している1強という現実。

他のクラブは資金面から選手への給料も生活が出来るレベルではなく、ほとんどの選手が働きながらフットサルをしているのが実態です。

 

フットサルはどうしてもサッカーに比べると「アリーナスポーツ」なので、室内競技となると観客動員に差が出てしまいますので、チケットの売上に限度があります。

収入源は主にチケット売上、スポンサー、スクール、グッズ、イベントの5つの柱です。これはサッカーでも一緒です。

この収入源となる基盤がどうしてもパイが小さく、フットサルを「プレー」する人口が多いのですが、「観る」というところまで中々至らないです。

実際に観客動員数も減ったり増えたりの繰り返しで、伸び続けているわけではない状況です。

 

書いたら止まらなくてなってしまったので今日はこのへんで。

20代はすべてフットサルというスポーツに深く関わっていたので、色々とフットサルについて書いていこうと思います。

フットサル業界から離れてもFリーグは観にいっていますし、もっともっとフットサルを知ってもらいたい!という気持ちもありますので、これからブログを通じて少しでも

フットサルのことについて知ってもらえたらなと思います。

 

フットサルの専用ホームページでも立ち上げようか悩んでるぐらいです。。

 

 

ではでは!