読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はフットサル!ということで、フットサルについて書いていこうと思う。

こんばんは。

仕事も終えて、夕食も済ませてあとはフットサルをして今日の一日は終了!

 

フットサル行く時間までブログを更新。フットサルについて書いていきます。

フットサルは自分自身がサッカーをやってきたこともあり、プレーへの影響は何もありませんでした。

大学生のときはフットサル施設でのアルバイト経験もあり、結局はそこのフットサル場のマネージャーに就職するというほどフットサル好きになりました。大学ではスポーツ経営を学んでいたので、まさにもってこいの仕事でしたね。

もともと接客が好きというのもありますが。

 

初めてフットサルをする人のレベルは様々です。

個人フットサルという個人でも参加できるフットサルのクリニックがあり、当時はフットサル市場が伸びていく時期でしたので、参加者がキャンセル待ちになるほど多かったのを今でも覚えています。

個人できてもすぐに溶け込み、初めての人でも気軽に参加できる楽しさがあり、参加者同士で仲良くなりコミュニティーが出来たりと、フットサルやお客さんを通じて人脈がたくさんできました。

今でも当時参加していたお客さんとは食事にいったり、フットサル大会で会ったり、どこかしらフットサルの会場に行けば必ず誰かに会います。

フットサル施設で働いていてよかったなと思える瞬間ですね。

 

さて、フットサルというとみなさんはサッカーの小さいバージョン?と思うかもしれませんが全然違います。

ボールを蹴る、キーパーがいる、ハンドがある、ファールがあるという点では一緒ですが後はほとんど違います。

根本的に人数です。サッカーは11人対11人ですが、フットサルは5対5。コートサイズもフットサルはサッカーのペナルティーエリアぐらいと思ってください。

あんな狭いエリアで動くんですよ。

あとはサッカーはオフサイドがあり、交代も3人、アディショナルタイムがありますよね。フットサルはオフサイドもなければ、交代も自由です。もちろんアディショナルタイムもありません。

公式な世界大会や日本でのフットサル全国リーグのFリーグでは20分のプレイングといって、ボールがピッチ内から出たら一旦タイムが止まります。

20分からスタートして、ボールが出たら一旦タイムが止まる、ピッチ内にボールがありプレーしていたらカウントする。の繰り返しです。

 

あとは交代が自由といいましたが、ベンチに入れるメンバーは12名です。

5人ピッチにいるわけですから、交代は7人ですね。

 

ゴールのサイズはハンドボールのゴールと同じで、横3mの縦が2mです。

あんな狭いゴールでシュートして入るのか?と疑問に思う方いるかもしれませんが、実はフットサルはサッカーより得点が入るスポーツです。

とにかくコートが狭いので、攻撃・守備の目まぐるしい展開がずっと行われているんですよ。

少しでも目を離したら、あれ、ゴールが入ったというシーンが何度もありますよ。

 

フットサルは10年前からサッカーのJリーグと同じ全国リーグがあります。

それがFリーグです。

Fリーグが誕生する前から日本にはフットサルの文化がありましたが、まだまだ今のような状況ではありませんでした。

しかしFリーグが誕生してからは、民間のフットサル施設が増え始め、コートのレンタルや個人フットサル、フットサルの大会など全国各地で広まっていきました。

さらにハロプロのフットサルチーム「ガッタス」までも誕生し、女子フットサルの旋風を巻き起こし、さらには「フットサル」の認知度を一気に押し上げた時期もありました。

 

全国規模のフットサルは競技系チームの誕生も増して、全国各地で社会人リーグが誕生しFリーグへの階段が出来上がりました。

ただ、やはりフットサルというチームでFリーグに参戦するというのは経営面からすると厳しいのが現状です。一番は資金面です。唯一のプロフットサルチームは名古屋オーシャンズというこれまでリーグ9連覇を達成している1強という現実。

他のクラブは資金面から選手への給料も生活が出来るレベルではなく、ほとんどの選手が働きながらフットサルをしているのが実態です。

 

フットサルはどうしてもサッカーに比べると「アリーナスポーツ」なので、室内競技となると観客動員に差が出てしまいますので、チケットの売上に限度があります。

収入源は主にチケット売上、スポンサー、スクール、グッズ、イベントの5つの柱です。これはサッカーでも一緒です。

この収入源となる基盤がどうしてもパイが小さく、フットサルを「プレー」する人口が多いのですが、「観る」というところまで中々至らないです。

実際に観客動員数も減ったり増えたりの繰り返しで、伸び続けているわけではない状況です。

 

書いたら止まらなくてなってしまったので今日はこのへんで。

20代はすべてフットサルというスポーツに深く関わっていたので、色々とフットサルについて書いていこうと思います。

フットサル業界から離れてもFリーグは観にいっていますし、もっともっとフットサルを知ってもらいたい!という気持ちもありますので、これからブログを通じて少しでも

フットサルのことについて知ってもらえたらなと思います。

 

フットサルの専用ホームページでも立ち上げようか悩んでるぐらいです。。

 

 

ではでは!

 

 

 

 

 

早朝ランニングをするタイミングを失う

こんにちは。

今月から早朝ランニングを始めたのですが、よりによって梅雨の時期からスタートした自分を責めているところです…

 

よし明日の朝は曇りだから走るぞ!と気合を入れて寝ますが、朝起きたらザーっと降っているオチを何度見てきたことか。

 

天気予報をチェックしつつ、明日の朝は雨だから今日の夜に筋トレしよう!と筋トレしたはいいけど、結局次の日の朝が晴れていたり、しかし筋トレのおかげで走る気力も体力もなくストレッチだけで済ましていました。。

 

筋トレしたあとは回復しないといけませんからね、無理に動いて筋肉にダメージを与えてしまい怪我に繋がりそうです。

社会人となると怪我して仕事に影響が出てはいけませんからね。

休む時はしっかりと休んで、やるときはやるというメリハリが大事だと思います。

 

というわけでそんな日々を過ごしていき、もうすぐ1ヶ月経ちそうです。

 

しかしながら、早朝ランニングのペースは落ちたものの、体重はしっかりと落ちてきていますし、ウエストも細くなったりと効果は出ています。

あ、早朝ランニングが良いのは、朝は血糖値が低く食事で取った栄養が無いため、脂肪をかわりに燃焼して走るそうです。夜や夕方などは昼食、夕食を食べたあとなので、栄養を燃焼し脂肪が燃焼しにくいそうですが、あくまでその人の生活習慣やリズム、筋トレしたあとの夜ランニングなど、状況や脂肪が燃焼するタイミングは朝では無くても良いのであしからず。

自分は今までダイエットを行ってきたなかで、今のところ早朝ランニングが効果が夜より出ているのでやっているというわけです。

 

早朝ランニングでは何も食べず、飲まずで走るのは危険です。

バナナ半分や水を入れたコップ1杯飲んでから走るようにしています。

で、ランニング時間はおよそ25分ほど、ストレッチしてからランニング、シャワーを浴びる、ストレッチをする時間を含めると、1時間もあれば終わってしまいますよ。

 

いつもより1時間早く起きれば、早朝ランニングは可能です。

早朝ランニングではなくても、ウォーキングやジョギングといった軽い運動でも十分だと思います。

 

どのくらい効果があるかというと、筋トレを夜に1時間ほどを週2回、早朝ランニングをタイミングをここ1週間失っていますが週2、多ければ3回ぐらい。

筋トレをしたら次の日は休み。その次の日は早朝ランニング、夜はやらない。の繰り返しだけでマイナス3kg減りました!

 

もともと間食やお菓子、お酒も自宅では飲まないので、ダイエットする体つきになるのが早かったかもしれません。

普段遅い時間に食事や間食、お菓子やお酒を飲んでいる人は、いきなり早朝ランニングや筋トレをしてすぐに痩せることはないと思うので、まずは食事の管理と見直しからですね。

 

中々仕事で運動する時間がないという方は、休日だけでも早朝ランニングすると良いかもです。

仕事のストレスや、上手くいかない日々を走ることでストレス発散しましょう!好きな音楽聴いて公園走るのも本当気持ち良いですよ。

早朝は誰もいないので、まるで世界を貸切状態の気分で走れるのもポジティブに捉えても良いのでは!?

 

梅雨が明けたら真夏の、そして灼熱と呼ばれるほどの猛暑がやってきますから、今のうちに運動して代謝をよくして健康な身体を少しでも整えていくと良いと思います。

 

ではでは。

 

漫画って面白い

こんばんは。

雨が降ったり、降らないと思ったら暑かったり、暑いと思ったら風が冷たく気温が低かったりと、気温の落差が激しいと体温の調整が難しいですよね。

 

特にスポーツなどやっているときには気を付けないといけません。

最近では屋外、屋内問わずスポーツの大会を行う際は温度計を設置して気温、湿度をみて一時中断であったり、水分補給だったりと、データによる熱中症対策が多いと聞いていますから、休日などに遊びで運動をするときなどにも気を付けていきたいものですね。

 

さて、今日は「漫画って面白い」とふと思ったので書いていきます。

いままで漫画をしょっちゅう読んでいたかと言われると、あんまりそうではないです。

社会人になってから6年目を迎えていますが、この間は漫画を読むことはほとんど無かったです。読んでもGANTZと宇宙兄弟の最初の方ぐらいです。あとは中学生の頃にハマった湘南純愛組です。

ここ3ヶ月前ぐらいから、幅広いジャンルを読むようになりました。

で、最近は何を読み始めたかと言うと、iPad Airを所持していますので、無料で読める漫画アプリで、面白そうだなと思った漫画を読み始めました。

ランキングで順位が高い漫画から、ダウンロードしてみて最初の入り方やイラストが良い漫画など、これは読めそうだなと思った漫画は最後まで読んでいます。

 

そして、無料でもやはり課金で期間限定でいくら、というのがあったので、ついつい先が気になるので購入してしまったものもあります。

さいとうたかおのサバイバル、大規模な地震により島に取り残され、原始的な生活を送って行く少年が家族に会いに行くも何度も困難に見舞われ、しかしその中で様々な人との出会いや物語が描かれています。内容的にはとてもシンプルなのですが、少年の立ち向かう姿や知恵を振り絞り生活していく様にいつの間にか夢中になっていました。

課金した漫画はこれだけですが、無料で楽しめる漫画はたくさんありますし、幅広いジャンルの漫画を読むと、思考力と想像力がグンとアップしたような気がします。

 

今までビジネスの本や小説、サッカーや音楽、パソコン、Webデザイン系の雑誌を読んでいましたが、ここで新たなに「漫画」が加わりそうです。

漫画は映画と違って静止画ですから、イラストひとつ、表情ひとつ、セリフひとつがとても重要になっていきますよね。そしてそこに自分の中の「感情」が入ると、もう止まりません。

仕事に役立つかどうかはその人の状況次第なのでわかりませんが、思考力、想像力、そして感性が刺激されるので良いと思います。

意外と漫画から得られる知恵や知識もあるので、そこもまた面白い。

 

最近はさらにアニメ化、映画化したタイトルの漫画を読むこともしています。映画だと評価がよく分かれてしまうのもあります。漫画では10巻以上もあるのに、たった2時間の映画に収めるなんて無理もないです。しかし映画を観てから漫画を読む、と言う人も少なくはないのでしょうか。自分はそのパターンです。

さらにアプリや電子書籍で読める漫画もあるので、通勤時間などにもタブレットやスマートフォンで見れるのも良いですよね。カバンの中に漫画を入れる手間を省けますし、人前で読むことで抵抗感を感じていた人も気軽に読めるのではないでしょうか。昨今の漫画市場は電子コミックスやアプリの利用者が増えて増加傾向だと聞きます。

年代を問わないことも漫画の魅力のひとつですよね。展開が複雑な漫画から、わかりやすい漫画などたくさんあります。ビジネスマンが一人で読むのもよし、子供と一緒に読むのもよし、一人気ままに読むのもよし、どんな状況でも漫画はあなたの近くにいますよ。

 

漫画を読むことへの入り方は色々ありますが、何か趣味を増やしたいなとか、空いた時間で暇つぶししたい、という方には漫画をオススメします。

 

ではでは。

趣味って大事だなと思う

こんにちは。

みなさん趣味っていくつありますか?

 

休日の日に限らず、仕事の日でも帰宅したあとに趣味に没頭したりする人はいますよね。

ふと趣味について自分はなんで今こうして趣味があるのかと疑問に思ったので、せっかくなので振り返りながら書き綴ろうと思いました。

 

まずは好きなサッカーから、サッカーは趣味にもなりますし現在でも社会人リーグのプレーヤーとして活動もしています。

サッカーは小さい頃からやっていますし、高校卒業まで本気でやっていました。

やはり小さいころからのスポーツはずっと好きでいられます。社会人リーグの参加やフットサル大会や誘われてプレーしたりと、スポーツは横のつながりがあるので、対戦相手に知っている人がいたり、観戦にいくと一緒にプレーしていた人がいたりと、人脈やコミュニケーションも活性化されてとても良いと思いますし、スポーツをやっていて良かったと思える瞬間です。

 

高校卒業後はテレビでのサッカー観戦にハマります。スカパーやWOWOW等でヨーロッパのリーグが放送されています。サッカー観戦にハマるきっかけは実は中学生の時でして、BSで深夜にスペインリーグが行われていたのを観て、こんなに世界のサッカーは凄いのか!と思わず興奮して眠れなかったのを覚えています。

当時はレアル・マドリードがチャンピオンズリーグでジダンのスーパーボレーで優勝した年で、銀河系と呼ばれる超スター軍団でした。(年がばれますね)

その後高校に入ってもプレーヤーでしたので、サッカー観戦しながらロナウジーニョの技を真似してみたり、選手のユニフォームを購入して部屋に飾ったりと、サッカー一色でしたね。

それが今でも趣味として根強く生活の一部になっています。

今ではブログというコンテンツがあり、気軽に思ったことや残しておきたい情報などブログで書き残すことができますからね。サッカーについて思ったこともブログで書いていました。

サッカーは趣味としての中心にあり、これからもそれは変わらずといったところです。

 

続いて洋楽、洋楽は大学1年生のころに友人といったサマーソニック2006に行ったことがきっかけでした。サマソニに参戦するために事前に予習として聴いたバンドの曲にハマりにハマりました。

もう参戦した2日間は忘れもしない思い出となりましたね~!

あんな大きなライブは初めてでしたし、盛り上がりが半端ない!波のように人がうねり、ジャンプしたり大合唱したり、まさにライブの一体感を肌で感じました。

その後、その頃はロックバンドを主に聴いていましたが、徐々にオールジャンルを聴くようになっていきました。

今では毎週ビルボードランキングをチェックして最新の洋楽をチェックし、時には昔聴いていたバンドも聴いて、気分に合わせて様々な洋楽を聴いています。

さらにお気に入りの曲は歌詞やそのアーティストの情報も調べます!

 

ただ聴いているだけより、そのアーティストのことや曲、歌詞も知った上で聴くとまた新鮮な気持ちで聴けると思うのでオススメです。

 

他にも趣味について書きたいですが、今日はこの辺で。

またこの記事は続編で完成させようと思います。

 

みなさんも、いろいろな趣味があると思います。まだ趣味らしい趣味がない!という方は「趣味 種類」と検索すると趣味探しの専門サイトから個人の方のブログ記事などたくさん情報が出てきます。

こんな趣味があるのか!という斬新な趣味もありますので、サイト内を見てるだけでも面白いと思います。

 

では!

雨の日の休日

こんばんは。

自宅に住んでいる場所は梅雨に入り、雨が降り続く日が多くなります。

雨が降ると特に嫌なのが横風が吹く雨のとき。

傘をさしてもズボンが濡れ、靴も濡れて靴下は変えないと足元が濡れっぱなしになりますよね。

 

濡れている状態で靴下を履いたままでいると、かゆくなって不衛生ですから替えの靴下は用意したほうがいいかもしれませんね。

歩く時も注意が必要です。

 

歩道を歩いていきなり水たまりや車からビシャッと足にかかったりと・・・

梅雨に限りませんが雨が降ると外に出歩くと何かしら用意するものだったり、濡れてしまうというリスクがあります。

 

雨について語りましたが、視点を変えて今度は雨の日の休日についてお話ししてみたいと思います。

 

みなさんは雨の日の休日は何をされますか?

すでに予定がありイベントやデート、買い物や運動といったスケジュールがあると思いますが、雨が降ると予定通りに行きますが、今日は雨か~ということで自宅でのんびり過ごす人も多いのではないでしょうか。

 

自分はどちらかというと雨の日はのんびり過ごしたい派です。そして、なんか雨の日ってDVD観たり音楽聴いていたり、読書もしますし、普段とは違った休日を楽しめるのが良いなと思います。

晴れの日は家にいることなく、よくスポーツに誘われたり買い物やイベントのお手伝いだったりとほとんど家にはいませんからね。

のんびり過ごすというのはもちろん予定があまりないときではありますが、そういうときこそ身体を休ませ、リラックスすることが大事。

 

上記のようにリラックスする方法は人それぞれではありますが、どうしても朝起きて雨か、と思うとダラダラと昼まで寝てしまったり、ずっと寝てしまう人もいるかもしれません。

実際自分もそういうときありましたが、ずっと寝ていると次の日に影響します!

どんな影響かというと、その日の寝つきが悪くいつも寝る時間より2時間、3時間は遅くなったり、それで朝起きて仕事なんて、全然身体は起きれてないですし、日中はいつもより頭がぼーっとすることがあります。

やはり雨の日でも晴れの日でも、休日に寝過ぎてしまうと、身体のリズムに影響が出るのであまりオススメできません。

 

仕事があるないに関わらず、午前9時までには起き朝食をしっかりとる。

そのあとすぐに横になって休むのではなく、身体を起こした状態で休んでください。

座り方や姿勢もけっこう大事ですよ。変な姿勢でDVD観ていたりすると、終わったあとねじれていた部分が痛くなったり、肩がこったり、よくDVD観るときは部屋を暗くすることもあると聞きますが、目によくないですし、休日だからといって怠けすぎるのもよくはないですね。

 

晴れの日は逆に外に出ると良いと言われています。遊び盛りのお子さんがいる場合は外でおもいっきり遊んであげてください。

自分は一人暮らししていたときは、必ず外に出かけてました。観光名所のところでもあったため、観光巡りして写真撮ったり、運動は海岸沿いを走ったりと、仕事で身体が重いなと思っても、リフレッシュすることで疲れは飛びます。

 

休日の過ごし方って、意外と重要です。

自分のなかで趣味やスポーツ観戦など見つけると、より休日も楽しく過ごせますので、何か見つけてみるのもお勧めします。

【スポーツビジネス編】サッカーがここまで世界的なスポーツになったのはなぜなのか。 ~スポーツビジネスと戦術の観点から広く浅く考察してみる~

サッカーは今や世界の代表的なスポーツになっていますよね。

ヨーロッパ、南米、アジア、アフリカなど世界の国と地域でサッカーが行われています。

 

なぜ、サッカーが世界の代表的なスポーツになったかというと、スポーツビジネスと戦術が先行していたからではないでしょうか。

 

今日は「スポーツビジネス」に観点を置き、広く浅く考察してみたいと思います。

 

<スポーツビジネスの礎を築いたユベロス・マジック>

スポーツビジネスでは、やはりサッカーを世界に知らしめるための「テレビ放送」や「権利」を戦略的に行ったことですね。

それまではオリンピックやワールドカップなどの国際大会が放送されていましたが、1984年のロサンゼルス、オリンピックの大会組織委員長を務めたピーター・ユベロスがまさに現在のスポーツビジネスの礎を築いたと言っても過言ではないことを実行しました。

それは「テレビ放映権」「スポンサー権利」「マーチャンダイジング権」の3つ。

この言葉を聞くだけで、もうおわかりかと思いますが、現在のスポーツビジネス、スポーツマーケティングの基礎とも言えます。

加えて1業種1社という独占権利のようなものも付与することにより、より権利の価値を上げることができました。

当時アメリカでオリンピックを行うことは、経済的にも苦しくなるだけだと開催地は反対だったそうです。今でもそうかもしれませんが、巨額を投じてスタジアムを建設したりしますからね、スタジアムだけでは無く、関連設備、交通など人やモノが激しく動きます。

しかし、上記の3つを実行したロサンゼルスオリンピックは成功を収め、後のオリンピックの基本とも言えるスポーツビジネスとして生き続けています。

 

どのスポーツでもこのスポーツビジネスの基礎は応用できるかもしれませんが、スポーツとしての競技がやはり歴史、地域、国柄など左右することがありますよね。

ヨーロッパサッカーは特にこのスポーツビジネスを成功ともいえる市場を築き上げ、今ではビッグマネーが頻繁に飛び交っています。

 

プレミアリーグやセリエA、スペインリーグ、リーグアン、エールディビジなど、ヨーロッパの各国リーグが世界で放送されるようになり、瞬く間にサッカーの波が世界を押し寄せていきました。

もちろん、スポーツとしての魅力もありますが、日本でもJリーグが開幕するなど、それまでワールドカップに出れなかった国が注目され出場したり、開催国になったり、結果が出たり、選手がヨーロッパのビッグクラブへ移籍と、サッカーに関わる環境は一気に変化したと思います。

 

近年、このスポーツビジネスは激しさを増し、オイルマネーでチームを買収したり、金満クラブが誕生してきましたね。

中国ではヨーロッパで活躍した選手を獲得するなど、マネーゲームのように何億、何十億、ビッグ選手には100億円以上も出すなど、信じられないマネーが動いているのはみなさんも知っていますよね。

さらに、ヨーロッパではなくアジアなどサッカーの代表成績は決して良くはないけど、自国リーグの給与も良かったり、ついこの間、Jリーグはイギリスに本社を置く売買会社のパフォーム・グループを中心に、スカパーやNTTを交え5年で総額500億円の契約を結ぶ可能性があるなど、サッカーのビジネスは尽きることがありません。

 

日本のことでいうと、こうした放映権の大型契約は悪い話ではないと思います。

放映権料が入れば、各クラブへの分配金の増加、海外で活躍する選手がJリーグを目指す!といったことまで可能性はありますよ。自国リーグをさらに活性化できるので、世界のスポーツビジネスを活用していくことは、とても良いと思います。

 

少し話がそれたかもしれませんが、今では世界の国がこうして自国のサッカーを盛り上げようと活発な動きがあるということも知っていると、またサッカーに対する知識や観戦への楽しみが増えるかもしれません。

 

この記事で出たスポーツビジネスに関しては薄い見解なので・・・

書籍やサイトでももっと詳しいことが書かれているのもあるので、ぜひご覧いただければと思います。

 

次の記事は、戦術の観点からサッカーがここまで世界的なスポーツになったのはなぜか。を広く浅く考察していきます。

 

ではでは!

 

 

サッカーファンは寝不足覚悟の1ヵ月!? コパアメリカとEUROのこと

こんばんは。

サッカーファンにとってこれまでにない試練が待っていますよ・・・

 

それはコパアメリカとEUROの同時開催!

すでにコパアメリカは6/4(土)から開幕していますが、明日からいよいよEURO2016も幕をあげます。

普段スカパーでヨーロッパのリーグ戦やチャンピオンズリーグ、WOWOWでスペインリーグや親善試合など海外のサッカーが好きで観ている人にとってこれほど悩まされる1ヵ月はあるのでしょうか!

 

すでにコパアメリカを録画観戦していますが、もう追いつきません!

ここでEUROも観ることになるなんて、一体いつ寝れば良いのでしょうか。

というのも、日本時間でEUROは22:00キックオフ、1:00キックオフ、4:00キックオフがグループステージのキックオフ時間です。ここでコパアメリカは8:00前後キックオフ、11:00前後キックオフと、完全に昼夜逆転してしまいます!笑

 

興奮冷めやらぬ日々を送っていますが、ここでざっと大会のことを書いていきます。

 

初めて南米以外で開催されるというコパアメリカ。開催国アメリカを舞台に、1916年にスタートしたコパアメリカも今年で100周年!

ということで記念の年でもあるので昨年に続いて今年もやっちゃおう!というノリも好きですよはい。おかげで明日開幕のEURO2016とブッキング。

 

コパアメリカは南米サッカー連盟の10チームと、北中米カリブ海サッカー連盟の6チームを加えた計16チームで大会が行われています。

4ヵ国の4グループに分かれてグループステージを戦います。そして各グループ上位2ヵ国が決勝トーナメントに進出です!

今月の4日から開幕しているコパアメリカ2016も明日で1週間。早いですね。

 

現在、グループCの第2節まで終了し、すでに決勝トーナメント進出が決定している国もありますね。

すでに進出が決定しているのは、コロンビア、メキシコ、ベネズエラです。ウルグアイが本日のベネズエラ戦で敗れ2連敗。直後のメキシコがジャマイカに勝利しウルグアイのグループステージ敗退が決定しました。

メキシコ、ウルグアイが順当に突破すると予想していただけに、波乱が起きましたね。

ベネズエラは2018FIFAワールドカップの南米予選では現在最下位ですよ。

録画観戦しましたが、とても最下位にいるような戦い方ではありません。そう考えると、南米のレベルの高さが伺えます。ウルグアイも運がなかったですね。再三にわたる決定機も決めきれず、惜しいシーンが何度あったか。

残り突破する国はどこなのか、注目です!

 

そしてそして、明日から開幕のEURO2016!

開催国はフランス。オランダが32年ぶりの予選で敗退という波乱も起きている今大会。ヨーロッパリーグのクラブで活躍している選手が、今度は国を背負って戦う、コパアメリカもEUROも最高に面白いですよ。筋書きのないドラマをたくさん見たいですね!

両方見るのはきついですが、全試合録画して、あとでじっくり観戦していきまっせ!

あ、録画用のハードディスクの容量が残りわずかなので追加しなくては。。

 

EURO2016もざっと考察します。

グループステージの予想突破国は以下です。( )は敗退

A フランス、スイス  (ルーマニア、アルバニア)

B イングランド、ウェールズ  (ロシア、スロバキア)

C ドイツ、ポーランド  (ウクライナ、北アイルランド)

D スペイン、クロアチア  (チェコ、トルコ)

E ベルギー、イタリア  (アイルランド、スウェーデン)

F ポルトガル、オーストリア  (アイスランド、ハンガリー)

3位抜けチームは4チームもあります。成績の良い順ということですが、上記の中で成績が良くて決勝トーナメントに進出しそうな国は・・・

ルーマニア、ウクライナ、トルコ、スウェーデンですかね。

 

今大会の優勝候補は、・・・・1チームに絞れない!!

スペイン、ドイツ、イングランド、ベルギー、フランスあたり。(多いな)

5ヵ国あげましたが、この5ヵ国の選手層の厚さは注目ですよ!

個人的にさらに出場国24ヵ国をランク付けすると・・・

S スペイン、ドイツ

A イングランド

B+ ベルギー、フランス

B イタリア、ポルトガル、クロアチア、スイス、ウクライナ、トルコ、スウェーデン、オーストリア、ルーマニア、チェコ、ウェールズ、ポーランド

C+ アイルランド、ロシア、スロバキア、アイスランド、アルバニア、北アイルランド、ハンガリー

 

 

明日から始まるEURO2016、コパアメリカと両方観戦する方は、体調管理だけは気を付けてください。

 

こちらのブログでは、試合結果についてやグループステージの考察などを行っていきます。しばらくサッカー記事オンリーかもしれませんね。

 

では!