読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体の調子が恐ろしいほど良い

こんばんは。

今日は夜にフットサルのリーグ戦があるのでプレーに行ってきます!

夜は多少涼しいので気持ち良いですよね。

怪我だけには気を付けないと。

 

さて、表題の件ですが、最近身体の調子が恐ろしいほど良いんです。

なんでかなぁと振り返ると、やはり6月に入ってからの早朝ランニングと夜の筋力トレーニングの組み合わせが効いているんだなと実感しています。

 

毎日やっているの?と聞かれますが毎日はやっていないです。

1週間の間に1、2回の早朝ランニングと筋力トレーニングで十分です。体重も6月は4kgも減りました。

食事の制限は夕食に炭水化物をあまり取らなくなったのと、間食をなるべく控えるようにしました。

あれもこれも食べない飲まないだと、返って身体に良くないですから、食べたいときに何でも飲食するのではなく、時間や身体のコンディションを様子を見ながらですね。

 

当たり前のことかもしれませんが、中々これが出来ないんですよね。

自分は一度体重が落ちましたがこの1年間でまた増加してしまいました。仕事で夜遅く・・・と言い訳をしたくありませんが、本当に自分でもどうすることのできない環境だったので、今は退職してこうして時間が取れているので、まずは身体の健康を取り戻す!とともに、やりたいことをやる!という期間です。時間や精神的にも余裕がありますので、そういったところから調子の良さが出ているのかもしれませんね。

 

ただ、またこれから仕事を始める、ということになりますと、そこからまたトレーニングする時間や生活リズムも少し変わってくるのかもしれませんから、注意が必要ですね。

まぁ、常に健康に気を付けていれば何とも問題ないことなんですがね。

 

健康のことでいうと、あとはサプリメントを毎日朝に1粒飲むようにしました。

評価の高いサプリメントだったので思い切って購入、日々の食事だけでは足りない部分を補うって感じですかね。食事で取ろうと思っても中々身体の栄養に必要な摂取量ってとれている人って少ないと思います。

 

飲み始めて1週間ですが、効果を感じてます。

トレーニングの効果もあってか、本当に身体の作りというか、今までこんな身体の状態なんてあったか?というぐらい健康的です。

おかげで今やりたいことに対して集中して取り組めていますし、以前より違う感じがします。

サプリメントは効果って実際のところよくわかりませんよね。

よく「サプリメント」を飲んでいること自体に満足して、それによる相乗効果もあるかもしれないですしね。

 

しかし自分が飲んでいるサプリメントはランキングでも1位でアメリカでも売れている商品です。

 

3ヶ月程サプリメントを飲み続けて、効果を検証出来ればと思います。

さて、今日のフットサルはゴールも決めてアシストもして貢献してきますか!

 

ではでは。

草むしりに大切な物とは・・・

こんばんは。

今日は昨日よりかは風が吹いていたので若干涼しかったです。

 

暑い日が続いていますが、夜になると風が気持ち良いですね。

今日は夕方に庭の草むしりをしました。

 

鎌をもって、よっこいしょ、よっこいしょと。

夕方でも涼しいのですが、やはり動くと汗がじわりと。。

さらにこの時期は色々な虫がいますので、肌を出さずにジャージを、と思ったんですがハーフパンツに上は半袖のトレーニングウェアのみ!

色々な虫が飛んでもおかまいなし!これさえあれば!

 

と、今日夕方に草むしりをすると決めていたので、薬局にあるものを買いにいきました。

それは虫よけスプレーです。

KINCHOの虫よけキンチョールDFという虫よけスプレーですが、なんでも厚生省に認可されたイカリジンという成分が入っているそうですよ。

虫よけスプレーってなんか身体にあんまり良いイメージがないので、あまり虫が来ても気にせず外作業をしていたのですが、先日の早朝の河川敷のゴミ拾いであまりにも多い虫たちに嫌気がさし、どうせ庭作業もするなら買っておこう、という経緯がありました。

 

肌を露出するところにシュッ、シュッとかけて、いざ庭へ。

効力の時間は6時間と書いてありますが、アウトドアでバーベキューとか公園や登山、観光スポットで自然風景観にいくときか良いですね。

 

で、実際どうだったかというと、全然虫が来ません!

今日はいなかったのかどうなのかわかりませんが、ちょっと5mぐらい先見ると虫がたくさん飛んでいましたし、早くも効果があったのかな?と思いました。

 

今度は早朝の河川敷でのゴミ拾いが本番ですね。

明日は曇りですし、行こうか迷っています。

 

早朝ランニングに、早朝のゴミ拾い、うん、なんてすがすがしい日々なんだ。

自分でも正直こんなことが出来てること自体驚きです。

 

仕事を辞めて、今は資格の勉強とやりたいことがあるので時間があるからと言えばそうなんですが、今まで目まぐるしく仕事に追われ、毎日毎日仕事漬けの日々を送っていました。

社会人になってから、年間休日120日?とかちゃんと休めなかった休日の日数分しっかり休んでるって感じです。

 

家のことも手伝えますし、家族に感謝の気持ちを伝えたいなら、言葉も大事ですがやはり行動してサポートしてあげることですよね。

 

今仕事が目まぐるしく忙しい方は、今すぐに仕事を辞めろといいませんが、昨今ブラック企業だとかブラックアルバイトとか、全然休みがない、休日出勤、給与が低いとかそんな話ばっかり聞いていて気持ち的に落ち込んでしまいますよね。

 

ちゃんと休みが取れて身体も心もリフレッシュ出来ているのでしたら良いですが、全員がそうではないのが実態ですからね。

 

無理をせずといっても状況は変わらないのであれば、趣味の時間を無理やりつくってください。自分も繁忙期で毎日仕事していたときは、必ず好きな洋楽を聞いて雑誌読んだりパソコンいじったりとしていましたから。

 

今度は仕事で忙しい人こそ必要なリフレッシュ方法を書いてみようかなと思います。

ではでは。

 

パソコンって面白いですよ。パソコンが好きになったきっかけ 【中学、高校生編】

こんばんは。

いくつかこちらのブログでも趣味系のものを書いていますが、今日は自分の趣味の中のひとつ、パソコンについて書いていきます。

 

パソコンといいますと、みなさん何を思い浮かべますかね。

もしかしたらこの記事を見ている人もパソコンから、という人もいるかもしれません。

 

パソコンだけでいうと、色々ありますから抽象的になりますが、一般的にはインターネットみたり、DVDが見れたり、ソフトを使って写真、動画や映像編集したり、携帯と繋げて音楽入れたり、メールしたりと仕事からプライベートまでもはや私生活には欠かせないものになっていますよね。

 

パソコンの歴史は改めて記事にしますが、今日は自分がパソコンに出会ってから、なぜこんなにパソコンが好きなのかを書いていきます。

 

パソコンとの出会いは中学1年生のときでした。

兄が使用していた部屋にうつるときに、兄がパソコン好きだったため、色々な電子機器が置いてありました。ちゃんと整理しとけよ~って思いましたが、今思うと使わなくなったパソコンをくれたので感謝しています。

当時奥行のあるモニターに、フロッピーディスクが入るデスクトップパソコンでした。

フロッピーディスクですよ、今ではもう一般で販売されているなかでフロッピーディスクがあるなんてレアどころじゃないですよ。

当時は高画質な画像1枚でフロッピーディスク1枚分ぐらいの容量しか入らなかったと聞きます。

 

パソコンに初めて触れた自分は、これがパソコンかぁ、としか思いませんでしたが、部屋にあるものですから、毎日起動してはメモ帳などに文字を打っていていました。

さらにゲームをしていたのをよく覚えています。

そのゲームは「ぷよぷよ」です。もう時間さえあればぷよぷよで、当時同い年でぷよぷよをやっている友達なんていませんでしたし、対戦することはありませんでしたが。笑

 

あとは特打というタイピングソフトのゲームです。

このソフトのおかげで、ブラインドタッチを早く覚えることができたのも良かったです。

ほとんど中学のときはぷよぷよと特打でいかに早くタイピングできるか、の繰り返しでした。

中学を卒業するとそのパソコンが使えなくなり、ノートパソコンが新たにやってきました。これも兄のものでした。

結局ノートパソコンでも同じようなことをしていましたけど、タイピングは常に学年のトップという記録だけはありました。。

 

そのころから色々とシステムをいじっていたのも覚えています。

メモリを調べたり、ハードディスクやデータの情報などなど、細かいところまで見るようになっていましたね。

中高のパソコンは本当に今の土台となっています。

さて、大学から社会人、今にいたるところはまた明日更新しようと思います。

 

みなさんも、こうしてブログ記事を見たり読んだりしているということは、少なからずパソコンの知識がありますよね。

もっと使い方次第では面白くなりますので、その辺も今後紹介できればと思います。

 

今日はこの辺で。

ではでは。

洋楽が好きだ!

こんばんは。

今日は暑かったですね。

 

暑すぎてアイスクリームけっこう食べてしまった。。

また太ってしまう。。

 

せっかく早朝ランニングが好調なので、涼しい部屋でアイス食べたり冷たい飲み物ばかり飲食していたらダメですね!

明日も走りますよ。

 

今日は遠出していました。

日曜日なので、観光名所はどこも混んでいますね。さらに日中の暑さと人の密度でさらに暑さが増していくという・・・

 

着替えがあってもいいなと本当に今日は思いました。服が汗で濡れて、そのまま冷たいクーラーの効いた部屋や車内でガンガンに冷房かけていると体調崩しやすくなりますからね。

体温の調節は常に意識していたいものです。

 

さて、今日のタイトルは「洋楽が好きだ!」ですが、大学生1年生の時にどっぷりハマった洋楽が10年経ってもハマりにハマっています。

洋楽だけを聞いているだけでもハマっていると言える部類にはなるとは思いますが、自分はさらにライブ、情報誌やサイトで最新、気になるアーティスト情報や歌詞など常にチェックをしています。

さらに、毎週ビルボードランキングを全英ともにチェックしていますので、洋楽が好きだ!と言ってもよろしいでしょうか?笑

 

なんで洋楽が好きなんだろうとふと思ったので今日の記事を書いたわけですが、大学生のときはジャンルはほぼロックでした。

2006年のサマーソニックの出演アーティストがまさにそれです。

METALLICA、LINKIN PARK、MUSE、HOOBASTANK、MY CHEMICAL ROMANCE、DEFTONES、FALL OUT BOY、ELLEGARDENなどなど、今思うと本当にこのときの出演アーティストは豪華だったな~と思います。

 

そして大学卒業後は幅広いジャンルを聞くようになっていきました。

もちろん今でもロックは好きですが、最近はビルボードランキングから良い曲を選んで購入したりして聞いています。

気に入ったアーティストはアルバムも。

 

こうして洋楽という環境のなかで、洋楽が好きな理由がいくつかあります。

①1曲の中身が濃いときがある

この中身というのは、社会問題化されていることを歌詞にのせたり、MVにしていますが、本当にリアルで内容が酷いものもあります。

ですが、楽曲から歌詞、MVの内容すべてが直撃してくるというか、そういった感情を抱くのが洋楽の面白さでもあります。

 

②EDMが豊富

EDMはElectronic Dance Musicの略ですが、機械によって作り出す電子音としての音楽ジャンルです。

EDMは数多くの音楽ジャンルの中で高揚感が高まると言われており、全世界でのEDMのライブ映像を見るとわかりますが、もの凄い盛り上がりですよ。

リズムカルな曲調と電子音のミックス具合が絶妙で、聞いていてテンションが上がるのでドライブのときや、ランニングのときなどにはEDMを多数取り入れてます。

そのEDMでDJと呼ばれる人がいますが、2015年はカルヴィン・ハリスが年収約78億円!という巨額のEDM市場で桁外れの数字を出しました。

以下にも40億、30億といった年収を稼いだEDMのDJもいます。

もはや音楽市場のなかで、EDMは欠かせない分野だと思います。

 

③聞いていて飽きない

これは邦楽でも何でも言えることですが、洋楽は一日何回聞いても飽きないんです。

自分のiTunesの中に入っている曲で再生回数が多い曲は1,000回以上もあります。これは途中パソコンの引っ越しでiTunesと音楽データを整理しなおしたあとなので、その前も加算すると・・・といった具合です。

色々なジャンルが入ったプレイリストや、気分に合わせたプレイリストを作成し聞いています。

多い時は気に入った曲などは1日5回以上は聞いています。

 

 

上記3つは邦楽でも同じことが言えますが、洋楽と出会いよくここまでずっと聞いているなと自分でも驚いています。

 

好きな音楽があるってことだけで良いことだと思いますし、こちらのブログでもオススメの洋楽を紹介していけたらと考えています。

 

では!

時間を大切にするということ

こんばんは。

今日も早朝ランニングできました!

 

今週2回目、先月は早朝ランニングと筋力トレーニング、おもにお腹をへこますようなメニューを中心に行いましたが、結果80Kgから76.7kgまで下がりました!

1ヶ月で3.3kgの減量です!

本当にうれしいです。やはり環境が変わるとモチベーションが全然違いますね。

今月も3kg減量で、目指せ73kgです!

目標は70kgをきること!

 

体重のことでいうと、今まで仕事ばかりしていて、自分の健康は二の次でした。

仕事のときは遅い時間に食事をすることが多く、不規則なリズムになることが当たり前のような状況でした。

それじゃあ身体がおかしくなるわけですよ。そのころは体重がどんどん増えていき、増えていっても気にしなかった自分が情けない・・・

 

今は仕事を辞めて、個人で少しやってみたいことがあるので、それが軌道にのれば独立も?と考えています。

ですが、実際には資格を取って仕事に就きたいなと思っていたので、IT系の資格も勉強中です。

その資格はじっくりと時間をかけて取りにいっています。ちょっと難しいのでね。

 

でも、個人で少しやってみたいことというのは、例え仕事に就いたとしても副業である程度は収入をたてたいなと思っているのでやっています。

もしかしたらいきなり結果が出るかもしれませんが、正直リスクが高すぎます。

 

けど、今時間がほぼ自由に使える状況だからこそ、やれるときに色々と試してみたい、というのが本音ですね。

実は大学生の時にも、そのやってみたいということは実行していまして、収入の柱になっていました。

社会人になってからは仕事が楽しく、そのことはもう手をつけていませんでした。

 

ですが、やはりもう一度それに挑戦したい!という気持ちが芽生えたのと同時に、前職も一区切りがついたので退職しました。

 

これまで経験した仕事はスキルとして身に付き、今後の人生に多いに役立ってくれることは間違いありません。

今度希望するIT系の仕事は、今までとは全く縁のない業種なんですがね。笑

IT系に初挑戦ですが、もうすぐアラサーの身からすると、年齢的にも難しいと言われている厳しい門かもしれません。(実際にIT系の人からも言われました・・・)

ですが、今までの仕事をやってきたことに後悔はないですし、全力で取り組んできた結果、そのカテゴリーでは日本のトップまで上り詰めましたので、本当に良い経験でした。

自信になりましたし、何よりポジティブ思考といいますか、ちょっとやそっとの揺らぐような言葉や問いかけには全く動じず、常に自分の目標、目的を明確に捉えることができ、それに向かって進むことの過程を経験出来たのも大きかったです。

そして、IT系を希望するのはもともとパソコンが好きで毎日のようにシステムを見たりアプリケーションを見たり、ネットサーフィンしたり、部品をチェックしたりと本当にパソコンは飽きません!

中学のときに、兄のおさがりでパソコンが部屋にあったのが始まりですね。その頃からブラインドタッチを覚えて、常に学年で1、2番ぐらいの速さという唯一の自慢?笑

そのころよく練習していたソフトが「特打」というタイピングソフトでした。知っている人いるかな。

 

パソコンに出会って以来、毎日のように使っていたので、いつかはパソコンの仕事をしたいなと思っていました。

今までは自分が表舞台で経験したことを仕事としてやってきましたが、これからは裏でもないですが趣味としていじり倒してきたパソコンの仕事を目指しています。

 

今のほぼ自由と言える日々を、将来のために思いっきり備えていこうと思いますし、一日一日を大切に過ごすということを口に出して言えることは簡単で、中々これを素直に実行できるって難しいんだなと退職したあとに気付かされました。

 

 

 

明日は私用で東京です。運転には気を付けていきたいですね。

暑いので熱中症対策も忘れずに。

 

ではでは。

久しぶりにテレビに夢中になっていた

こんばんは。

今日は20時からTBSの金スマSPを見ていました。

3時間ずっと釘づけで、正直民放の番組で3時間もテレビを観ていたのは今年入って初なんじゃないか?と思えるほどです。

サッカーの試合や映画を見ても2時間ぐらいですからね。

 

内容はドラマ波瀾万丈で、昭和のドラマの製作裏の話から俳優の芸能史まで、本当に見応えある濃い番組でした。

最初は金八先生の話でしたが、もう懐かしさで思い出ぽろぽろですよ。

自分は29歳で金八先生が始まった年なんて当然生まれてません。

番組の中でもありましたが、お兄さんが引き込もりのシリーズがありましたよね?あのとき全て見ていた記憶があります。

まだ中学1年生の頃だったような、自分の年と一緒のドラマだったもんですから、見入ってしまいましたね。

後に金八先生がこんなに長くやっていたなんて気づいたのは大学生ぐらいのときかな。

あ、今ちょうど贈る言葉をYouTubeで聞いてます。笑

 

そして後半は石井ふく子さんというギネス認定になる数々のドラマを生み出したプロデューサーのお話し。

自分は生まれてもないですが、番組内に出てきた数々の名ドラマを少し紹介されただけで、ドラマの雰囲気や、視聴率の高さに納得。

昭和のドラマはまさに石井ふく子さんの情熱が歴史を作っていたんですね。

「ありがとう」の俳優の水前寺清子へのアプローチは面白かったです。石坂浩二を大抜擢した話や、坂上忍など数千人も石井ふく子さんのドラマで出演しています。

途中の戦争の話も心が痛みます。戦争が良い、悪いとかではなく、人が亡くなったら悲しみしか残らない、自分が防空壕にいくとき先頭じゃなかったから助かった。というなんとも言えない悲劇を体験されています。

 

戦争を作らない、戦争を体験したからこのようなドラマが生まれた、という一括りにしてはいけないと思いました。

何を伝えたかったのか、何を後世に残していくのか、石井ふく子の言葉ひとつひとつに重みがありました。

そして最後は美空ひばりとの出会い。

美空ひばりが亡くなる直前までの出来事には驚かされることばかりです。

あの名曲「川の流れのように」がドラマの主題歌として使われた背景や、最後に美空ひばりが書いた石井ふく子に送った手紙など。

観終わったあとの、テレビを観た感が半端なかったです。

あ、今度はYouTubeで「川の流れのように」を聞いています。笑

 

どんな時代にも、ドラマは人々の心に残り、色褪せることのない輝きがあるんだなと実感しました。

現代でも視聴率が高いドラマはたくさんありますよね、昭和のドラマほど視聴率が取れることは中々ないですが、良い作品は多くあると思います。

ただ、時代の流れというのか、決まった曜日、決まった時間にテレビを観るという人が少なくなってきているのも事実だと思います。

高視聴率が取れないから企画がダメだ、というわけでもないと思うので、今ではスマートフォンで見れるようなアプリもありますし、様々な形で「ドラマ」というコンテンツに触れていくしかないですよね。

 

今日は別の記事を書こうと思いましたが、あまりにも金スマの内容が良かったので記事にしてみました。

 

ではでは。

やはりブラジルはサッカー王国だ! 日系ブラジル人との思い出。

こんばんは。

 

昨日は21時からフットサルしに行きました!

コートサイズは小さめですが、もう現役バリバリのように身体は動きませんので十分でしたね。

 

11人集まって、5対6でゲームをずっと行いました。

6人のチームは1人休憩で。

11人のうち2人は日系ブラジル人でさすが!というプレーを連発。フットサルの動きをよくわかっているなぁ!と関心しちゃいました。テクニックとなんといってもボールキープ力、囲まれてもとられないキープ、そして足の裏で巧みにタッチしながら敵を回避していく技術は凄いです。

あのような技術は日系ブラジル人の方はほぼ誰でもやってしまいますから、おそるべしブラジルです。

 

フットサルでブラジルというと、まさに本場です。

サッカー王国ブラジルという言葉は今では薄れてきているのかもしれませんが、一般の方であれだけの技術を実際に見せられると、自分の中ではサッカー王国ブラジルが生き続けていますよ。

 

少し話は大学時代に戻りまして、フットサル施設でアルバイトしていたところは日系ブラジル人が多く集まるフットサル施設でした。ホント、平日でも土日でもほぼレンタルがあり、季節が良いとバーベキューコンロがあるのでブラジルのバーベキューが始まり始まりですよ。

フロントにいたときは、お肉とガラナというブラジルで有名な炭酸飲料を持ってきてくれるんですよ。笑

 

これがまたブラジルのバーベキューって本当に美味しいですよ!

まだ食べてない方がいたら一緒にブラジル料理店にアテンドしたいぐらいですよ。

 

シュハスコといって鉄串に牛肉や鶏肉、豚肉を刺し通して、味付けに荒塩をふりじっくりと炭火で焼く・・・

書いていたら食べたくなってきました。笑

 

食べても美味しい、フットサルをプレーしてもレベルが高い、もうね、すぐに仲良くなりましたよ。

お客さんから一緒に入ってよって言われて、アルバイト中でも普通に一緒にプレーして食べてという今思うとこんな素晴らしいアルバイトあるか!?と思うぐらい楽しかったです。

 

今では地元の都市では日系ブラジル人がリーマンショックの影響で減っている事実があります。

しかし、ブラジル料理店やブラジルのお店もあり、まだまだ活気に溢れていますし、自分もブラジル料理は食べに行きますよ。

 

当時一緒にプレーしたお客さんはほとんどブラジルに帰ってしまいましたが、残っている方もいて、ブラジル料理店で会えば片言の日本語で会話します。

決して細かい話はできないけど、こうしてアルバイトから10年経っても覚えてくれて話すことが出来るって良いなと思います。

 

自分の中でもこうした出会いのおかげで、国際色豊かになったというか、その後もフットサルを通じて色々な国の方と出会ってきました。

どれもボールひとつのおかげです。

 

サッカーやフットサルは、ボールひとつで打ち解けていく魔法のようなものがあります。

最初は初対面でお互い離さなくても、プレーしていくうちに話だし、声をかけあい、終わってみれば普通に会話するという。

 

話しがそれてしまいましたが、みなさんもスポーツを通じて何か得た経験はとても大きな財産だと思います。

例え1日限りで対戦したチームとは二度と会うこともないかもしれないけど、フェアプレーとリスペクトの精神でプレーすれば、その試合は本当に激しくも熱くもなり、しかしラフな試合にはならないと思います。

人の心次第で、その場の流れはグッと変わりますからね。それを実際に見て、聞いて、肌で感じれたことは良い経験だなと思いました。

 

さ、録画していた映画でも観て今日は寝るとしますか。

 

ではでは。